スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ショック 

今日、またまた近所で火事がありました。
5月30日からのブログにも、火事のことを書きましたが、今年の我が村は異常です。

今回は角を曲がった二軒隣の家のその斜め向かいの家、100mも離れていません。
しかも全焼…いえ、それどころか周り3軒を巻き込んで…。
最悪です。

時間帯はちょうど正午ごろ。

二階で何気なく窓の外を見ると黒い煙が流れている。

(??)
(何か燃やしてる?火事?まさか??)

でも、パーンパーンという小さな爆竹でも鳴らしてるような音。
何かおかしい。
不審に思って、家の外に出ると、近所の人もワラワラと出てきている。

(火事? どこ? だれの家?)
「○岡さん・・・」
(!!! すぐ近所だ! うそでしょ?!)

耳にした家へ向かって角を曲がるとそこには…息を呑む光景が!

火柱に包まれた見慣れた家が!!!!
呆然…。頭まっしろ。
すごい火の勢いと熱さに近づくことも出来ない。
家の人は??
ちゃんと無事に避難できている???
大人だけの3人家族だ。

消防はまだ来ない。
火事を知らせるサイレンも鳴らない。
泣き出す女性、立ち尽くす年寄り。
「早く、早く!」

ようやく村の男連中が消火栓からの放水を準備し始めた。
日曜のまっ昼間。自衛消防団も不在がち。
うちの夫も留守(こんなときに!)
歯がゆい思いもどうすることもできない。

火は見る間にさらに大きく燃え広がり…。

ようやくサイレンが鳴り、消防が到着・放水。
しかし、水をかけてもかけても火の勢いはなかなか収まらない。

根こそぎ燃やしてしまう火事の恐ろしさ。
家も思い出も、なにもかも。
マクもその恐怖を目に焼き付けたことでしょう。

ひたすら「早く消えて」と祈って見守ることしかできない。

もしこれが夜中だったらさらに燃え広がっていたことでしょう。
あるいは平日の日中だったら、もっと気付くのに遅れたかもしれない。

火事の原因はまだ特定できていないけど、いずれにせよ、みなさん、どうぞ火には気をつけて。
なにもかも失くしてしまいます。なにもかも…。
スポンサーサイト

[2006/08/06 15:01] 徒然 | トラックバック(-) | コメント(2)

ぉお!!(゚ロ゚屮)屮

我が家も道路を挟んで対角線の位置のおうちが
ノンノン小2の時に火事になりました。
漏電だったのかなぁ。
夕方の時間帯で消防車も道路の混雑に巻き込まれて
全焼でした。TT
小雨模様でこちらに火の粉が飛ばなかったことで
ほっとしましたが・・
火事は本当に嫌ですね。
[2006/08/06 17:43] むうみん [ 編集 ]

むうみんさんも!?

近場で火事…イヤですねぇ…。

今年はうちの近所、火事・冠水・土砂崩れ…と災害ばかり。
いや~~な年です。
もうこれ以上、何もないことを祈るのみ。
[2006/08/06 20:12] うた [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。