スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最近の息子の状況 

久し振りに鎖肛の話。

昨日は息子の通院でした。

学校は振り替え休日。
アタシは仕事、半休とりました。

土日も部活で忙しい息子、なかなか外食もままならないので、昨日は途中でランチしてから向かう。

さて、中学生となった息子。

今現在ですが、薬はモニラックをやめました。
ラキソも飲んでません。
すなわち、飲み薬はなしとなってます。

浣腸は今もしてますが、週に2~3回。
トイレタイムは15分ほど。

そして、ときどき自力排便あり。

ここんとこ回数が多いのは、ゼリー類が好きで毎日食べてるからだと推測される^^;
お菓子のグミとかゼリーは、どうも何気に効いてる模様。
つまり「緩くなる」と思われます。
コントロールが出来ればいいけど、出来ない場合は注意が必要。

浣腸スケジュールは中学生になってから、息子に管理をバトンタッチしました。
排便日誌つけるのも息子。
母は言われたときに、施術(?)するだけ。

段階を追って、ようやくここまで来ました。
息子と歩いてきた道、最初は険しくて苦しくて、幼い息子を抱えて、この道は永遠に楽になる日は来ないとさえ思われました。
何度もくじけそうな心、折れそうな心を励まし、こらえ、歩いてきました。

でも、息子の背丈がほぼアタシと同じになってる今、その道を懐かしく振り返れる自分がいます。

まだ道は先に続いています。
でも、その道は昔ほどの悪路ではありません。
息子の手をとることなく、十分歩ける道となりました。

母は今、息子のすぐ後ろを背中を見ながら歩いています。
まだ息子はときどき振り返ります。
母もまだ後ろから声をかけます。

いつか…振り返らずに歩き出す日が来たら、母は立ち止まり、見送るのでしょう。

スポンサーサイト

[2009/06/23 06:00] 鎖肛 | トラックバック(-) | コメント(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。