スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

結果 

やきもきして週末を過ごし、本日MRI検査を受けてまいりました。

結果は…






























問題なし!




詳細ですが、

すべての靭帯が素人のアタシの目でもわかるくらいにきれいに存在しておりました。

あれだけの血を膝から抜いたので、もう半分以上は覚悟していたんですが、うそ…ってかんじ。

ほっとするとともに、拍子抜け。
待っている間に書いたドクターへのいろいろな質問事項のメモは全て無駄になりました。

膝のお皿だけ、小さなヒビというか傷が多数入ってるようですが、これは自然治癒するとのこと。

息子ももう今日はほとんど痛みがないようで…。

松葉杖、いちおう持っていって、病院内だけ使ってましたが、帰りは持って帰宅^^;

明日から学校行かせますが、いちおう今週だけは様子見で送り迎えして、おとなしくさせようと思ってます。

といっても、カレンダー見たら3日間だけですがwww

連休明けからは通常どおり。

昨日は、居合わせた友達と、助けてくれたオッチャンちに伺って、お礼をしてきました。
恩人ですからね。

息子にはこうして自分が受けた恩を忘れることなく、まわりにお返しできる人間に成長してもらいたいと思います。

ご心配いただいたブログ読者のみなさま、お心遣い心より感謝いたします。

それにしても息子の強運にはつくづく驚ろかされますわ。

こういうこともあるんですね。


ところで今日は、学校の授業参観&PTA総会。
夫は役員なので、駐車場誘導係として早い時間から駆り出されています。

電話がかかり、「担任は誰だ」から始まり…(誰かに聞けよ!)

偶然、小学校のK先生(2年生のときの担任)と出くわしたそうな。

というのも、一昨日の土曜が小学校の授業参観&総会。
だもんで、今日は小学校は振り替え休日。
そしてK先生の末の子どもが息子と同じ中学の2年生にいるもんで、振り替え休日を利用して授業参観に来たというわけ。

それはそうと…そこで夫にK先生

「○○は大丈夫?」って

     …なんで知ってるの?( ̄▽ ̄;)

聞いたら…どういうわけか小学校でもすでに息子は「時の人」となって、総会でも例の用水のことが取り沙汰されたそうな。

いったい、どこから漏れてるんだか…( ̄ー ̄;)

さすが村社会だわ…(爆)

ちなみに、夫も自治会のほうに用水のことについて話をしてみると申しておりますので、もしかしたら安全対策が施されることもあり得るかも。

でも、とどのつまりは、鈍クサイのが問題なんですけどね( ̄ー ̄;)

スポンサーサイト

[2009/04/27 16:55] 徒然 | トラックバック(-) | コメント(3)

回復待つのみ!!だねっ

 結果が安心でよかったね。
といはいえ、、、やっぱり痛みはまだあるだろうから・・・しっかり治してくださいませ。
…用水対策は必要でっせ!
けが人出てるんだし。
 私も通園の時、こうすけ丼抱っこして、、通園前の側溝にはまりすっころんだことが。。。
 こうすけまだちっこかったから逆に大事にならなかったけど、、、うちどころ悪かったら。。。って思うと今でも思い出すと、あの時のことはドキドキする。
その後その側溝には蓋ができました。^^;
市が動いてくれたんです。
 前例ができてからでは遅いのだけど、前例があるからこそ対策を講じなければ!!
鈍くさいなんて言ってたらかわいそうだぞーーー!
(マクくんを弁護することで、自分の転んだ事実も弁護してたりするひ~ママです)
[2009/04/28 11:22] ひ~ママ [ 編集 ]

ほっ・・

ブログは読んだけどなんて書いていいかわからず・・
一人やきもきしておりました。

良かったぁ・・・!
さすが体操を続けていた(せいもあると思う)
若さだ・・

中学に入るとこれでもかと教科書やら副読本やら
ずっしり重いですものね。
ちょっとその辺に置いてあるカバンを動かそうとして
やめた私です・・
バランス崩すよね。
それでなくても始まったばかりだし。

良かったぁ・・・

お大事にしてくださいね。
うたさんも命縮んで延びましたねーー。
[2009/04/28 16:06] むうみん [ 編集 ]

>ひ~ママ
すごい回復力で、もうほとんど痛みもなくなってるみたいです。
ただ、まだ使いすぎは禁物なので、今日は学校は送り迎え。
体育は見学。
部活も禁止です。

安全対策といっても、なかなか難しいんじゃないかなぁ。
なんせ、分類が農道になるんじゃないかと…。
予算のこともあるから、そう簡単に事は運ばないです。

そんでもって、鈍クサイのが可哀そうって?
甘い!
そういう危険予知は、生きていくのに必要なもの。
周りにも心配かけてるんだから、ちゃんと自覚が必要。

>むうみんさん
心配おかけしてゴメンね~~~。

体操かぁ…。
まぁ、確かに結果として驚くべき軽傷ではあったよね。
少しは役に立ったかなぁ。

そうなの。
前カゴにカバンを入れるでしょ。
ハンドルとられて危ないんだよね。
ほんとはリュックを背負うといいんだけど、誰もそんな子いないの。

まだまだこの先、油断ならない息子です(爆)


[2009/04/28 19:25] うた [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。