スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

給食袋…続き 

会社で仕事に没頭し、帰宅途中、はたして息子にどういう態度で臨もうと考えてました。
思い出すとまだ少し腹がたってます。
息子も根に持つタイプなので、きっと「シカト」かな…と。

帰宅して2階にあがると、一番手前の息子の「物置き場」と化している、通称「電車の部屋」に息子がいて、なにやらお片づけの真っ最中。
そう、ヤツは春休みの間、な~~んにも片付けしなかったんです。

覗くと「おかえり!」と元気な声。
これには想定外だったのでアタシのほうがひるんでしまい、「ただいま」と愛想なく言って通り過ぎ、いつもの2階の居間へ。

部屋に入ると、これまたいつもなら山になって乱雑に散らかってる息子のものが片付いている。

へぇ~~~。
朝、怒ったのが少しは効いたのかしら?

しかも、行方不明だった給食袋がそこに忽然とある。

やっぱり犯人はオマエだったか…(-_-メ)


しばらく知らんぷりして放置。

息子はその後も何事もなかったように普通にしてる。
給食袋はいつしか、いつもアタシがかけておく場所に移動してあった。

いくら待っても向こうから切り出す様子もない。

アタシはどこから発見されたのか、それがとっても気になって仕方ないので、我慢できずに聞いてみた。

「給食袋、どこにあったの?」
「電車の部屋」

もうこれ以上は聞かなかった。
本人も重々わかってるだろうから。

でもアタシの腹の虫が収まらないので
「やっぱりオマエじゃん。おかあさんならぜったいかけておくんだから」

これに息子カチンときたらしく
「ぜったいってことないでしょ!」

まだそんなこと言ってる。
(ぜったいじゃ!ぼけ!)

それにしても、こういうとき素直に
「ごめん」と自分から言えないのよね。
それを一番願っていたのに。

いつもアタシは言ってる。
人に挨拶と「ありがとう」「ごめんなさい」がいえる人間じゃないとダメだって。
どんなアホでも、これさえできれば世の中わたっていける。

息子の課題は「ごめんなさい」だな。



スポンサーサイト

[2008/04/10 05:51] 徒然 | トラックバック(-) | コメント(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。