スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

前期試験 

センター試験も済み、自己採点からの願書提出。

自己採点が正しければ、息子にしては上出来の点数が取れている…はず。
つまりセンターは予想を上回る大成功。

よって当然のことながら志望を下げることもなく、1年生のときからの志望校でそのまま提出。
しかも強気で前期、後期ともにそこ1本で勝負。

さらに、妥協を許さず、私立は1つも受けない。
つまり、目指すところはただ1校…。
すなわち、敗北は浪人を意味する…。

しかし、これってどうよ…。
親としては胃が痛い。
そりゃあ、うちは浪人を許してあげられる環境ではある。
でも、自分たちの経験を踏まえれば出来る限り浪人はさせたくない。
どれだけメンタルを削られることか、想像以上のプレッシャーだ。
成功すればいいが、失敗したときにダメージは現役生の比ではない。

というわけで全力で現役合格を切望しているわけだが。

先日、前期試験が終わった。
ざっくりの自己採点では、まさに合否のボーダーラインであることが判明。
つまり、発表まではまったくわからない状況。

よって今、本人ができることは、後期に備えて勉強すること。

そして我々親は、合格したときと、不合格(つまり後期受験)のパターンと、どちらにも対応できるようにスタンバイ。
戦う前線にいて、なおかつ大将でもあるのは息子で、それをアタシらは援護射撃する。
まさに総力戦だ。

はああああ…親もメンタル削られるって…。
このイリイリ感から開放される日はいったいいつになるんだ。
先が見えない不安、自分のときよりキツイ。
だって、親は頑張りようもなく、見守るだけ、待つだけしかできない。
でも本人は妥協を許さず、どこまでもストイックに攻める。

決着がつくのはいったいいつだ!
スポンサーサイト

[2015/03/01 13:19] 徒然 | トラックバック(-) | コメント(0)

今日は 

息子、センター試験です。

今頃、がんばっていることでしょう。


[2015/01/17 14:07] 徒然 | トラックバック(-) | コメント(0)

旧・夢のまにまに 

知る人ぞ知る 「旧・夢のまにまに」のブログが11月いっぱいでサービス終了となることになった。

ちょうど10年前の2004年の6月にスタートしたブログ。
いわゆるブログのはしりだった頃。
当時マクは7歳、小学3年だ。

もう今となっては誰も見ないであろうブログだが、およそ2年弱の間、母と息子の日常がそこには克明に記されている。
まだまだ苦しんでいたころ、今のこの 「夢のまにまに」以前のものだ。

どうするか迷ったが、あとで後悔したくないので別のところへそっくりそのまま引っ越しすることにした。
問題はHPにリンクを貼りなおすかどうか。
そうなれば数年ぶりで誰も訪れないであろうHPをいじることになる。

今、マクは17歳。高校3年の受験生だ。
あれほど険しい道のりも、今となってはまるで夢のよう。
「夢のまにまに」日々を綴り続け、「星に願いを」こめたとおりに祈りは通じた。


[2014/11/12 19:35] 徒然 | トラックバック(-) | コメント(1)

校長先生の言葉 

先日の3月1日、息子の高校の卒業式でした(息子自身はまだ1年生ですw)


配布物の中に、学校の1年の活動記録的なものがありました。

どこの学校でもありますよね。

その年度の締めくくり的なもの。


先生や生徒の言葉、活動記録、クラスのこと…1年間のいろんな思いがつまってます。


その中でアタシがすごく感銘を受けたものを一つ。




校長先生の文章に

『 The Sky is the limit 』

をアナタならなんて訳す?




っていうのがあって

 『 可能性は無限 』
 
 『 限界はない 』

とか訳されることが普通多いと思うのだけど



校長先生は

 『 私なら ( 壁は自分にある ) と訳したい 』

と仰られていました。

なんか読んでてめっちゃ感動してしまった。




文章読んでて、内容はもちろんなんですが
素敵な言い回しや表現があったりすると
めちゃくちゃ感動します。

そういう文章が書ける人って本当に頭いいよなぁ…って
尊敬してしまう。



突然ですが、みなさん、子どもに対する大人の役割ってなんだと思います?

謎かけ的ですが、あえて回答は書きません。

でも、そういうことを考えてない大人が最近多すぎるような気がして、つい問うてみたくなりました。


[2013/03/02 21:00] 徒然 | トラックバック(-) | コメント(4)

息子の誕生日 

先日の23日は皇太子殿下の誕生日でしたが、息子の誕生日でもありました。

はい、16歳になりました。

もうあれから16年です。

すっかり無愛想な変わり者に育ちましたwww

道にはずれたことはしませんが、いまいち逞しさに欠ける。

社交性ゼロ。

息子の2大弱点です。

克服…といっても多分に性格的な部分もあるので、そんなに期待はしてませんが、これから親許を離れ社会へと旅立てばイヤでも世間の荒波にもまれ、おのずとわかることも出てくるでしょう。


まずは健康で毎日有意義に生きていけてることに感謝。


そう、誕生日は感謝する日。



そして本人は期末テスト真っただ中(笑)

ケーキ?ごちそう?

我が家はありません。

普段モノをねだらない息子ですが珍しく、PCゲームが欲しいと申すのでテストが終わったら買ってあげようと思ってます。

海外ゲームなので少しは英語のリスニング代わりになるかも(笑)



[2013/02/27 08:19] 徒然 | トラックバック(-) | コメント(0)

40代 センター試験に挑戦 

今年の大学入試センター試験、難化で得点が伸びず、ランクを落として二次出願を余儀なくされた受験生が多いようで。
結果、上位校の倍率が下がり、二番手三番手の競争率が激化するという様相。

文系の最難関と言われる東大文一はなんと!
今年は足切り倍率に満たなかったという…。


そこで、難しかったと評判の国語のセンター入試問題に、せん越ながら40代・無勉のオバハンが挑戦してみました!


国語センターは

現代国語(評論)配点50点

現代国語(小説)配点50点

古典 配点50点

漢文 配点50点

合計200点満点です。

さーいってみよー!




【評論】

漢字
お!わかるぞ!

漢字検定2級の過去は無駄になってないようだ。

しかし…そもそもこんな評論文を読むこと自体が久しぶりで集中力が…www

ぜんぜん言葉が頭にはいってこないーー(汗)

あ、なんか目がチカチカしてきた。



【小説】

評論よりぜんぜん読みやすい。

これが受験生が騒いでたヤツか(スピンスピン)

でも、ただ読むのと違って設問を意識して読むって難しいわー。

マークシートだけど、ひっかけ的な選択肢が多くて悩む。



【古典】

え?これ日本語ですか?

まったくもって意味がわかりません。

文法?なにそれおいしいの?



【漢文】

読んじゃダメだ!読んじゃダメだ!読んじゃダメだ!

想像力を働かせるんだ!




はい。
答え合わせー。

評論 26点

小説 31点

古典 5点 (オイ!)

漢文 22点

合計84点

え?これ100点満点じゃなくて200点満点だよね…?(笑)



あかん…。

どこの大学にも入れん…(いや、入らないから)




[2013/02/08 17:00] 徒然 | トラックバック(-) | コメント(0)

睡眠時間 

みなさんは睡眠時間てだいたい何時間くらいなんでしょう。

子どもの頃は9時間とか10時間とか8時間とか…そんなですよね。

成長とともに減ってきて…

ちょうど中学時代あたりは深夜放送の全盛期でした。
わかる人ならわかるオールナイトニッポン(知ってます?)
その頃は若かったせいもあって、どんだけ寝不足でも大丈夫でした。
いや寝不足どころか徹夜だって平気でした。

そして高校時代。
電車通学だったので6時におきて7時に家を出る…という生活が3年間続きました。

1、2年は学校から帰ってからバイトしてました。
夜9時か9時半ごろまでだったかなぁ。
ウエイトレスしてました。
夏休みとかは、パン工場や、機械部品の工場へ行ったり。

3年になって受験があるのでバイトをやめて、代わりに塾に通いだしました。
帰宅して、12時まで勉強して6起きの6時間睡眠でした。

毎日、殺人的なぎゅうぎゅうの満員電車に乗って、今思うと我ながらすごい体力(笑)

きっと打たれ強い性格の根本はここで形成されたに違いない。

それから大学生になり社会人になり、やがて結婚して、田舎に引きこもって…(オイ)
子どもが生まれ、大騒ぎで子育てし…。


紆余曲折。
今のアタシ。

朝4時半に起きて、だいたい寝るのは11時前くらい。
5時間半睡眠。
はっきり言ってしんどいです。
美容に悪いです(今さら)

やっぱり最低でも6時間は寝たい。
出来れば7時間寝たい。

でもやりたいこともいっぱい。

そして並行して、眠れないお年頃にも差し掛かってる。

一粒飲めば寝なくても大丈夫!みたいな薬ができるといいのになー。



[2013/02/05 19:43] 徒然 | トラックバック(-) | コメント(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。